短小だと思いますが気を使われるのと複雑な気持ちになります

風俗に行ったときにについ聞いてしまうのは自分が短小かどうかとういことです。よく言われるのは普通ですという返事ですが、中には他のお客さんで勃起しても親指サイズの人もいましたと教えてくれた女の子です。

その子とは気があったのでさらに聞いてみると、大きければ良いとは限らないことです。必ずしも気持ちが良いとは限らず、適当な長さで硬さがあったほうが感じるといっていました。

そういうものかなと思っていますが、会社や外でトイレにいったときに小便器で隣り合わせになると、性器が自然に見えることがありますが明らかに自分よりは大きいのでがっかりします。セックスするときに大きくなれば良いと自分に言い聞かせていますが、大体普段のサイズと勃起したサイズは比例しているのでうらやましく思うのは事実です。

旅行にいったときにホテルにある温泉でそれとなく見学していますが、高齢者で大きなサイズの性器を持っている人を見て驚いたことがあります。よく洗面椅子にすわったときに床についてしまう人がいるとは聞いたことがありますが、眼の前でみると同じ人間なのか不思議な気がします。

温泉を利用するときはほとんどタオルで見えないようにしているのは、他人がどう思っているのかすごく気になるので、思わず隠してしまいます。短小と自覚していますが、これ以上は大きくならないので、硬さだけは維持していこうと考えています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2015年11月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:短小について

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ