仮性包茎が私を苦しめ続けています

私の性器はいわゆる仮性包茎と言う状態になってしまっており、これまでそれによって色々な嫌な思いをして来ました。

仮性包茎でも、日常生活にはほとんど影響しません。ですが温泉などの裸になる場所に行くと、仮性包茎であることが周囲の人にばれてしまうので、このような場所にはなるべく行かないようにしています。

私は学生時代に同級生とお風呂に入る機会があり、その時に仮性包茎であることがばれてしまい、それによっていじめられてしまったのです。

それ以来人前で裸になる場所には、トラウマを持つようになってしまいました。

また仮性包茎の所為か、私の陰茎はとても小さく、一般的な成人男性のサイズに遠く及びません。なので男子トイレで小便をする時でさえ、恥ずかしいので便器に近づいて、陰茎が人に見られないようにしているのです。

真性包茎ならば日常生活に問題が生じるので、手術を考えもしたかもしれませんが、私の場合は仮性包茎で指や勃起などで皮が剥けるので、手術は必要ないかなと思っていました。

ただ彼女と良い感じになって、いよいよ体の関係を結ぼうとしたとき、彼女に私が包茎だと言う事がばれてしまい、別れを告げられてしまったことがあります。

なのでやはり、仮性包茎でも手術は必要なのかと思っているのです。しかし男性のシンボルとも言える陰茎の手術には抵抗があり、未だに二の足を踏んでしまっています。

タグ

2015年12月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:包茎

包茎状態の性器は毎日洗わなければ悪臭の発生源に

包茎であること自体は思春期から気にしていませんでしたが、最近になって一つの問題があることに気が付いてしまいました。皮を被っているが故に、汚れが外に出にくい状態になることが原因で性器から悪臭が漂ってしまいやすくなるということです。いつもはパンツとズボンにガードされているので臭いに気が付きませんでしたが、会社の社員旅行で温泉に入ったときに包茎の悩みに直面することになりました。

温泉の脱衣所でズボンとパンツを脱いだ直後、明らかに下の方向から異臭が立ち込めてきました。紛れも無く私の包茎状態の性器が臭いの発生源だったので、タオルで臭いが周囲に拡散することを防ぎつつ浴場へ急ぎました。

体を洗うための場所で皮をめくってみると、垢のように見える物体がたくさん見受けられました。それこそが臭いの原因であり、私には皮をめくって性器を洗う習慣がなかったことが原因だと考えました。大急ぎで垢を洗い落とすと悪臭は消えてしまったので、その時は安堵して温泉を楽しみました。

社員旅行から帰ってからは、毎日のように性器の皮をむいて垢を洗い落とすようにしています。しかし、包茎ではない友人は何もしなくても垢が溜まらないようなので、自分の性器の状態が嫌になっています。

タグ

2015年10月26日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:包茎

仮性包茎を手術以外で克服

中学生の頃から、自分は包茎なんだなと意識し始めました。けれど勃起した時に、手で皮を剥いてあげればとりあえずは剥けてくれるので、仮性包茎と理解して良いのだなとは思っていました。自分の場合、皮の入り口が狭くて剥けないというのではなく、皮が長く余ってる感じで、手で剥いても剥いても、戻ってきてしまうのです。

高校生頃になると、やっぱり男として、勃起していない平常時に皮が被ってしまっているこの仮性包茎を、とても悩むようになりました。なんとか、平常時でも皮が剥けていて、亀頭が見えるようにならないものかと、色々試してみました。当時は、他人には言えないことばかりです。

皮が長いのは、自分では対処のしようが無いので、亀頭に刺激を与えて鍛えて大きくすることと、皮に剥き癖をつけようと考えました。パンツの中で、長い時間亀頭を出しておく為に、手で剥いた皮が戻ってこないように輪ゴムで留めてみたりしました。最初は、刺激に慣れていない亀頭や皮がヒリヒリと赤くなったりもしましたが、次第になれていきました。恥ずかしいですが、悩み解消の為だと覚悟し、それで学校にも通っていました。

暫く続けたことで、亀頭も少し大きくなったのか、皮に剥き癖がついてきたようで、輪ゴムをつけていなくても、パンツの中で亀頭が出ている時間が長くなりました。その後は、皮が被ってしまっていたらトイレなどで剥いてあげたりを意識して行うことで、自然と皮が剥けているようになりました。

あれからだいぶ年月が経ちましたが、今では、まだ少し皮が余ってる感じは残っていますが、平常時でも剥けているので、仮性包茎を克服出来たのではないかと思っています。社員旅行など知り合いと一緒に入浴する際も、とりあえずは包茎を気にしない位にはなることが出来ました。

タグ

2015年9月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:包茎

このページの先頭へ