短小だと思いますが気を使われるのと複雑な気持ちになります

風俗に行ったときにについ聞いてしまうのは自分が短小かどうかとういことです。よく言われるのは普通ですという返事ですが、中には他のお客さんで勃起しても親指サイズの人もいましたと教えてくれた女の子です。

その子とは気があったのでさらに聞いてみると、大きければ良いとは限らないことです。必ずしも気持ちが良いとは限らず、適当な長さで硬さがあったほうが感じるといっていました。

そういうものかなと思っていますが、会社や外でトイレにいったときに小便器で隣り合わせになると、性器が自然に見えることがありますが明らかに自分よりは大きいのでがっかりします。セックスするときに大きくなれば良いと自分に言い聞かせていますが、大体普段のサイズと勃起したサイズは比例しているのでうらやましく思うのは事実です。

旅行にいったときにホテルにある温泉でそれとなく見学していますが、高齢者で大きなサイズの性器を持っている人を見て驚いたことがあります。よく洗面椅子にすわったときに床についてしまう人がいるとは聞いたことがありますが、眼の前でみると同じ人間なのか不思議な気がします。

温泉を利用するときはほとんどタオルで見えないようにしているのは、他人がどう思っているのかすごく気になるので、思わず隠してしまいます。短小と自覚していますが、これ以上は大きくならないので、硬さだけは維持していこうと考えています。

タグ

2015年11月24日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:短小について

結構な短小で恥ずかしい経験をしたこと

私は結構な短小で悩みを抱えています。勃起した際は一応10cm以上あるのですが、通常時は中学生にも負けるのではないかという大きさです。短小の原因となっているのは包茎です。結構皮が余っており、一応剥くことはできるのですが、すぐに戻ってしまいます。

自分が短小だと分かったのは、高校1年生の時です。実はこの時まで自慰行為をしたことがなく、普通の性器というものを知りませんでした。そして仲の良い友人達と1泊2日の旅行に出かけまして、入浴した際に私が一番短小でした。

この時、友人の1人から小さいことを言われまして、何がいけないのかわからなかったのですが、帰宅後にインターネットで調べてみたところ、包茎だと分かったのです。それからは、友人達に誘われても一緒に入浴をすることはなくなり、修学旅行で入浴しなければいけない時も、調子が悪いと理由を付けて断っていました。

その後大学に進学しまして、早く童貞を卒業したかったのですが、包茎と短小で前向きになれません。実は手術も検討していましたが、費用的なことや怖さがあったことから結局行わず、童貞のまま社会人の今に至ります。

現在、大学時代に手術しなかったことを少し後悔しています。社会人になるとまとまった休みが無く、手術が難しいからです。何か包茎や短小に効果のある方法はないかと探す毎日です。

タグ

2014年2月13日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:短小について

短小コンプレックスの根拠になるデータ海外編

日本人の男性の6割は包茎・短小・早漏の悩みを抱えていると言われていますが、
果たして自分のペニスが本当に包茎・短小・早漏なのかは怪しい限りです。
まず、何を根拠にしているのかということです。
包茎や早漏の場合は本人しか解らない部分が多いことは事実ですが、
短小の場合は根拠の有るデータと比較することで有る程度客観的に比較することができます。

その意味で日本人の勃起時の平均サイズは、各種調査の中間値を取ると130ミリという数字に落ち着きました。
そこで、この数字を補強するために、海外のデータをいくつか紹介します。
まず、1つ目はドイツの医師の調査によりますと、勃起時の平均サイズは144ミリとなっています。
2つ目はアメリカの医師の調査によりますと、勃起時の平均サイズは129ミリとなっています。
3つ目はイタリアの兵役検査の時の調査によりますと、勃起時の平均サイズは125ミリとなっています。
4つ目は韓国の医師の調査によりますと、勃起時の平均サイズは127ミリとなっています。
5つ目は中国の医師の調査によりますと、勃起時の平均サイズは130ミリとなっています。
6つ目はタイの医科大学の調査によりますと、勃起時の平均サイズは127ミリとなっています。

これらの調査は実際の計測方法によっても誤差が出ますし、
本当に勃起時だったのかなどによっても数値は違ってきます。
従って、あくまでも参考値となりますがドイツの144ミリは別格とすると、
他の5ヶ国は125ミリから130ミリとなっています。
つまり、全くの偶然ですが、日本の調査とピッタリ同じ数値となっています。

タグ

2013年2月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:短小について

このページの先頭へ