早漏のコンプレックスで人生は少しつまらないものに

私のコンプレックスは短小で早漏ということです。特に早漏ということに強いコンプレックスを持っています。

そもそも初体験が社会人になってからと遅かったのですが、その時から相手に童貞と知られたくなかったのと焦りから上手く出来ませんでした。幸い相手の女性が優しくてバカにされるようなことはありませんでしたが、かえってそのことが2回目以降の負担になったのか直ぐに射精してしまうことが続きました。

このままでは相手を満足させることは出来ないと考え何とか克服しようと努力もしました。自慰行為の時に我慢するようにしたり、あるいはデート前に1度自慰をしておくなどしてみましたが結局改善はされませんでした。

その女性とはその後別れましたが、新たに女性と関係を持つことに臆病になりました。自分で言うのも変ですが、見た目もさほど悪くなく営業マンをやっていたことなどから女性の方からアプローチされることはよくありましたが、どうしても食事止まりの付き合いしか出来ません。早漏がコンプレックスになっているからです。出会った女性がいい人ばかりだったこともあり、せめて普通に人並みのセックスが出来れば、もっと楽しい人生が送れていると常に後悔しています。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月12日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

トラックバック&コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ