長茎手術でペニスの大きさを手に入れるよりはシトルリンxlで安全に!

ペニスの大きさは長茎手術でも手に入れる事が出来ますが、ペニスを長茎手術で大きくすることはあまりオススメ出来ません。包茎手術とは違い、悪いところを改善する手術ではなく、本来カラダに合った大きさのペニスを大きくする事なので、本当は必要のない手術である事が分かります。
コンプレックスや見栄だけであり、カラダの作りを変形させる事に何のメリットもありません。

また、シリコンを入れて胸を大きく見せる豊胸手術と同様に、見せかけだけのペニスを作る事によって、女性に疑われてしまったり、老後は大変苦しい思いをしてしまったりする可能性があります。人のカラダは年をとってくると全体的に皮膚や肉が垂れ下がってくるのが当たり前ですが、作りものであるペニスは垂れ下がる事はありません。

言うなれば若い時のパワーをそのままそこにおいておく事で、年をとっても力がなければ勃起させる事が出来ないという事になります。確かに勃起の手ごたえがあるはずなのに、股間の力が重さに耐えきれず、勃起不全(ED)を起こしてしまう可能性もありますので、将来のことを考えると、ペニスの長茎手術は行わない方が良いでしょう。親からもらったカラダとは、成人を迎えると完全体になり、それからは衰えて行く事になります。維持する為に邪魔な物はカラダに取り付けない方が身のためだと言えるでしょう。

それに包茎手術と比べても長茎手術はリスクが高いと言われています。包茎手術の場合には皮だけを切り取る手術ですが長茎手術の場合体の中に埋もれているペニスの茎を体の外部に出すことを主眼にしているので当然、その部分をメスで切り開く事になります。手術が失敗すれば機能不全に陥ることは目に見えていますので、もし貴方が短小を克服したいと考えているのであれば絶対にシトルリンxlで3ヶ月間頑張ってみたほうが効果も出ますし安全ですよ。

タグ

2013年1月19日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

ペニス整形はペニス劣化の危険性あり

ペニスを整形した事によって自分が望んだ大きさを手に入れる事が出来るかもしれませんが、作りものも劣化する事があり、カタチあるものは全て壊れるとこの世の摂理で決まっております。

ですから豊胸手術したオッパイも形が悪くなったり、予定よりもしぼんでしまったりする可能性がある様に、ペニスもその危険性があるという事です。

また、オッパイが男性や子供に刺激されてしまう様に、ペニスはセックス時の摩擦によって長きにわたって酷使される部分ですので、不純物を入れてしまうと異常が出やすくなってしまう可能性があります。

例えばシリコンの膜が破れてカラダに吸収されてペニスが機能しなくなってしまったり、病気になってしまったりする可能性があったり、早い段階で形を維持できなくなったりしてしまいます。

また、ペニスは自転車のサドルなど腰かけて座る瞬間に強く打つ危険性も高い為、中に注入した物質がペニス全体に流れ込んでしまう可能性もある為、結果見るも無残なペニスが出来上がってしまうかもしれません。

この様な危険性を考えると、ペニスの肥大化を整形手術で行う事は大変危険だという事が分かります。

もし、整形手術を行うのであれば、それなりの覚悟が必要だという事を覚えておきましょう。

タグ

2012年12月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

ペニスの大きさではなく太さで勝負

世の中には色々な人がいるもので、ペニスのサイズを気にしている性別も男性だけではなく、女性にもいるそうです。

そんな人を好きになってしまった時に、自分のペニスを眺めて自信をなくしてしまう人もいるみたいですが、サイズもまた色々あり、陰茎自体の長さや太さ、亀頭の大きさや亀頭の太さなど、色々と考えられることもあるでしょう。

そんな人の中で、長さより太さに自信がある方は、大変日本人向きのペニスの形をしていると思います。

元々日本人は短小ですがペニスが太いという遺伝子を持っており、女性もそれに対応して、長さよりも太さを求める人が多いようです。

どちらにせよ女性にはペニスの大小で男性の器の大きさを決める人はいないですが、遊んで暮らしている女性の中には、やはりペニスの大小を求める人がいます。

諦めきれないのであれば、自分のペニスに合ったテクニックを使えば良いと思いますし、短くて太ければタテの動きよりもヨコの動きを優先して行っていけば女性は感じてくれるはずなのです。

膣の奥に届かなければ女性が気持ちよくなれない、快感がない、という事はないので、自分のペニスに合った攻め方を学んでいけると良いでしょう。

実際は限界には程遠く、テクニックが追い付かずに女性を喜ばせられない事が多いようです。

タグ

2012年11月20日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:その他

このページの先頭へ